EMS(環境マネジメントシステム) Environmental Activities

EMS(環境マネジメントシステム) | Environmental Activities

Home EMS

環境ビジョン

理念
環境問題が顕在化し世界的に環境活動への関心が高まる中 イデアクロス株式会社は、事業活動を行う上で環境への影響を認識しマネジメントすることは企業にとって重要な経営課題であると認識しています。
様々な対策と活動を通じて環境への負荷を低減するだけでなく、環境保全活動を積極的に推進し、健全な地球環境と豊かな社会の実現を目指します。
基本方針
自らの事業活動における環境負荷・リスクを把握し、それらを低減するための指針を定め遵守することで環境負荷を低減し、環境に配慮した事業活動に努めます。
また、製品・サービスにおいても省資源と環境効率を重視した生産活動を実施致します。
ISO14001の取得
製品の生産・サービスの提供・事業所の運営をするにあたって、環境に対する明確な責任を果たすために、ISO14001の取得を致します。
※取得準備中

資源循環

省資源・リサイクル
「3R」に基づいた事業活動を実践することで環境の保全・回復に取り組んでいます。
日常業務における紙資源の再利用から、製品材料の選定に至るまで、 資源の有効利用とリサイクルを念頭に置いて無駄を無くし、環境に優しい事業活動をおこなっています。

化学物質管理

化学物質に対する方針
製品の製造・サービスの提供において使用する化学物質の管理を行い、人・環境にもたらす悪影響のリスクを最小限に抑えることを目指しています。
使用する化学物質については有害性の評価と用途・使用箇所を特定すると共に、製造・提供過程における監査と管理を徹底して環境負荷の低減に努めています。
管理体制
イデアクロス株式会社では組織内に環境活動管理委員会を設け、環境活動のための教育及び情報共有と内部監査を実施することで、環境活動の履行を徹底するための管理をおこなっています。

生物多様性保全

地球上の生態系を保全することは地球環境の恩恵により生命活動を営む私たちにとって責務であると考えます。
事業活動においては生物多様性への影響を分析・把握し、負荷の低減に努めるとともに、社会と連携して生物多様性保全への貢献活動を推進して参ります。

製品・サービスにおける環境負荷低減

個々の製品・サービスにおいて使用される有害物質を特定し、使用の廃止または混入防止の管理を徹底し、環境に配慮した製品・サービスの創出に努めています。
廃棄物については排出の削減とともに法令に基づいた分別と適切な方法による廃棄を徹底し、 また梱包材の簡素化や循環材の採用等によって資源の無駄遣いを極力減らし、環境への悪影響の排除と資源の保全の両面から環境負荷低減の対策を実施しています。

当社事業に関するお問い合わせは、当社ホームページお問い合わせフォームまたは、
お客様デスクにお気軽にお問い合わせ下さい。